オンラインで学ぶ!⼟の専⾨家を⽬指す!

2022年度版
⼟壌医検定受験コース

タイトル背景画像
タイトル背景画像

こんな方に
オススメ!

  • 有機農業の知識を深めたい方
  • 営農指導スキルを磨きたい方
  • 農業関係の仕事を志望している方
女性写真

土壌医検定受験コースとは?

土壌医検定とは、農作物の栽培における地⼒の低下や⼟壌病害の発⽣、⽣産コストの低減などの課題に対し、⼟壌診断に基づき対応できる⼟づくりの専⾨家を育成するための検定試験です。2021年度版も好評だったオンライン版を一部バージョンアップ。オリジナルの中間模擬試験を追加した継続的な勉強を支えるプログラムです。

CURRICULUMカリキュラム

⼟壌医検定受験コース

基礎編

授業風景写真

化学性、生物性、物理性の3つの視点から基本的知識を解説いたします。

01

土壌医検定3級

授業風景写真

3級のテキストに沿って解説及び、受験対策の講義を行います。

02

土壌医検定2級

授業風景写真

2級のテキストに沿って解説及び、受験対策の講義を行います。

03

ABOUT土壌医検定とは

土壌医検定とは

農作物の栽培における地⼒の低下や⼟壌病害の発⽣、⽣産コストの低減などの課題に対し、
⼟壌診断に基づき対応できる⼟づくりの専⾨家を育成するための検定試験です。
※一般財団法人日本土壌協会が管理・運営する検定試験
※土壌医検定試験事務局 公式サイト→https://www.doiken.or.jp/

先生画像

資格と技術レベル

資格名 検定試験 レベル
⼟壌医 ⼟壌医検定 1級 ⼟づくりについて⾼度な知識・技術を有し、また、5年以上の指導実績⼜は就農し⼟づくりに取組んできた実績を有する者で、処⽅箋作成とともに施肥改善、作物⽣育等改善の指導ができるレベルにある者。
土づくりマスター ⼟壌医検定 2級 ⼟づくりに関しやや⾼度な知識・技術を有するとともに、⼟壌診断の処⽅箋を作成できるレベルにある者。
土づくりアドバイザー ⼟壌医検定 3級 ⼟づくりに関する基礎的な知識・技術を有し、⼟づくりアドバイザーとして対応できるレベルにある者。

出題範囲

  • 2級テキスト出題範囲

    第1章 ⼟壌・施肥管理の現状と制度
    第2章 作物⽣育と化学性診断
    第3章 化学性診断結果に基づく対策の⽅法
    第4章 作本⽣育と⼟壌物理性診断
    第5章 ⼟壌物理性診断結果に基づく改善対策の⽅法
    第6章 作物⽣育と⼟壌⽣物性診断と対応
    第7章 肥料・⼟壌改良資材・堆肥の種類と特徴
    第8章 主要作物の栽培特性と⼟壌管理
    第9章 ⼟壌診断の種類と進め⽅
  • 3級テキスト出題範囲

    第1章 作物の⽣育に及ぼす栽培環境と適地⽣産
    第2章 作物の健全な⽣育と⼟壌環境
    第3章 作物⽣育と⼟壌の化学性、物理性、⽣物性
    第4章 作物の⽣育障害
    第5章 ⼟壌・施肥管理
    第6章 主要作物の施肥特性と施肥管理
    第7章 ⼟壌診断の内容と進め⽅

FEATURE3つの特長

オンラインで
有機農業の基礎を
学べます!

2年連続
合格率80%以上!

就職活動・転職活動
に活かせる!

TEACHER講師紹介

一百野先生写真
土壌医

⼀百野先⽣

福岡⼟壌医の会会⻑。NPO法⼈⽇本オーガニック検査員協会(JOIA)元副理事⻑などを務める。

岸本先生写真
土づくりマスター

岸本先生

1966年⼤阪⽣まれ、⻄宮育ち。京都⼤学農学部畜産学科卒業、京都⼤学修⼠(農学)。NPO⾃然観察指導員京都連絡会監事、福岡で⾃然観察会「蟲愛會(むしめづるかい)」を開催。福岡土壌医の会 正会員。

寺崎先生写真
土づくりマスター

寺崎先生

長年、AGSAにおける「農業基礎」の講義を担当。土づくりと植物生理についての基本的な部分の理解とBLOF理論をわかりやすく紐解き解説することで定評がある。福岡土壌医の会 幹事。

PRICE料金

土壌医検定受験コース (約20分×全155コマ)

受講料39,800円(税込)

●配信開始:
近日配信開始予定

※上記コースのほかに2つの集中講義(模擬試験&解説)を別途企画中ですので詳細が決まり次第HPにてご案内いたします。
秋:中間模試
冬:直前対策講義

注意事項

※クラストリームおよびZOOMでのオンライン講座のため視聴できる環境が必須となります。

※講座内容、講座数など一部変更する可能性がございます。

FLOWお申し込みの流れ

有機de家庭菜園教室バナー